お酒を飲むと関節痛になる方へ

関節痛とお酒の関係とは?お酒を飲むと関節痛になるってホント!? - お酒を飲むと関節痛になる方へ

お酒を飲むと関節痛になる方へ

yliugお酒を飲んだら、頭が痛くなったり、胃が痛くなった。
こんなことは普通にありますが、腰やヒザといった関節痛に襲われる。
こういったことが起こるのは、あまり多くの方には見られない症状のため、あまり理解されないものです。
お酒を飲むと関節痛が起こる。
こういった方にこの痛みの正体やどのようなメカニズムで行っているのかなどをここでは紹介していきましょう。

アルコール性多発神経炎

アルコールを摂取して、関節痛に襲われる原因の一つは、アルコール性多発神経炎と呼ばれるものです。

長い間アルコールを摂取していると、有名な肝臓だけではなく、全身のあらゆる臓器に悪い影響を与え、ダメージを負わせてしまうことになります。
この中に末梢神経といったものの障害も含まれます。
抹消神経は体の末端と脳を結んでいる通信路のようなものです。

つまりここに障害が起こることで、腰痛や肘、ヒザ、手足のしびれ、肩こり、首の痛みといった関節痛が起こるわけです。

アルコール性筋炎

uliugもう一つの原因とされているのが、アルコール性筋炎です。
これはいわゆる筋肉痛のようなものです。
アルコールというのは、さまざまな悪影響があるとされています。
その1つが筋繊維の破壊。
これは筋トレなど運動を行った際に起こっている状況と変わりありません。
つまり、筋繊維が破壊されれば、それを回復させるために痛みが起こる。
このメカニズムと同じなのです。
関節痛が起こるのは、筋繊維が破壊されて起こるアルコール性筋炎が原因であることも考えられるのです。

頭痛と関節痛の原因の違い

冒頭でも少し紹介しましたが、お酒を飲んで起こる典型的な症状といえば、頭痛。
そして嘔吐といったものですね。
こういったものが起こるのは、アルコールが悪と呼ばれる元凶になっているアセトアルデヒドの影響によるものとされています。
ですから、関節痛の原因になるアルコール性筋炎が起こる筋繊維の破壊というメカニズムとは、まったく違ったものになります。
この場合にはアルコール分解時に、アセトアルデヒドが生じることによって起こす症状だと言われているのです。
アルコール性筋炎の場合はこれとは事情が違っています。
アルコールというのは、体内に入ると、分解されて、水と炭酸ガスとに変わり、尿や汗として排出されることになります。
この水と炭酸ガスに変換される時には、大量のビタミンが使われることになるのですが、これが関節痛を起こす要因になっているのです。
そもそも筋繊維の生成には、ビタミンが不可欠とされています。
日常的なアルコール摂取や量が大量の場合には、当然に日常的に大量のビタミンが消費されることになります。
食事では当然に補えず、しかもサプリメントなども意識して摂取していないと、ビタミン不足になり、筋繊維が破壊されるのを止めることが出来ない。
結果として筋肉痛のような痛みを感じることになるわけです。

飲酒による関節痛の予防法は?

ehea飲酒による関節痛の予防法はというと、やはりお酒を飲むのを控えるということ。
毎日飲んでいるなら、週末だけというルールを決めて、休肝日をしっかりと設けること。
他にも一度に飲む量をしっかりとセーブするといった対処法でも、関節痛を防ぐことが出来ます。
また、アルコール分解をする際には、大量の水分が必要とされますから、チェイサーをお酒と一緒にオーダーし、お酒とアルコールを交互に飲むような飲み方をしましょう。
こうすることで、悪酔いすることを防ぐことも出来ますし、飲み過ぎの防止にも繋がります。
[PR]:関節痛にサプリの力

Copyright(C)2016 お酒を飲むと関節痛になる方へ All Rights Reserved.